孤独感を感じて辞めた体験談

【孤独感で退職した体験談】退職を決意した理由や成功体験、転職後の反省点とは?

更新日:

転職しても「今よりツライ職場だったらどうしよう?」と思うのはみんな同じ。今より良い職場になるとは限らないので誰しもが転職に不安感じています。

ただ、勢いだけで転職しなければ大丈夫です。転職に失敗している人は、『努力』と『準備』をしていない人がほとんどだからです。

逆を言えば『努力』と『準備』をしている人は、転職をして満足している人が多いのです。

孤独感から退職をした人の体験談からわかった、『転職してよかったポイントと辛かったこと』と『注意したポイント』を理解しておくことで、あなたのやるべき行動がみえてくるでしょう。

すでに転職活動をはじめている方も、これから始める方も是非参考にしてみてください。

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

「職場での孤独感」が原因で退職を決意したきっかけベスト3

Pixource / Pixabay

ここでは、「職場での孤独感・孤立」を感じた結果、最終的に退職してしまった方の体験談を元に、その退職決断のきっかけとなったことを3つ紹介します。

【第1位】精神を病んでしまった

精神を病んで退職を決意した人の特徴は以下の通りです。

  • 人間関係のことを考えすぎている
  • 責任を感じすぎている
  • 周りの目を気にしすぎている

このように『考えすぎる性格』の人が精神を病んでしまう傾向にあります。

たとえば、職場で孤独感を感じていたものの、仕事と割り切ってやってきたが、業務上の一つのミスによって「もう自分はこの職場にいられない」と思い始めてから『すべてのことを考えすぎる』ことがはじまります。

振り返ってみると、『自意識過剰になっていた』と思うようですが、その場にいるときには気づけません。

真面目で責任感が強い人ほど、ココロが病むまで退職を決断できないことが多いです。

職場 仲間外れ
【疎外感から退職を決断】仕事を辞めて満足できた?3つの体験談

「私にだけ態度がキツイ・・・」 他の方とはにこやかに接しているのに、なぜか自分にだけキツイ態度をとられると『疎外感』を感じてしまいますよね。 1度や2度ではなく毎回の事となると「あなたが気にしすぎてい ...

【第2位】批判の対象だった人が辞めて、自分に対象が移った

女性が多い職場にありがちなのですが、『共通の敵』を作ることで人間関係を保っている場合があります。

このような職場では、『共通の敵』となる批判の対象がいるわけですが、大抵が弱い立場の人です。

そして、人間関係を保つために『共通の敵は』はいつも必要なので、批判の対象だった人が辞めてしまうと、次に弱い人が狙われてしまいます。

職場に馴染めてない人は、弱い立場である事が多いのでどうしても批判の対象になりがちです。

一度『共通の敵』になってしまうと、そこから抜け出すのは並大抵の努力では難しいです。

自分が批判の対象になっている場合は、退職を決断する十分な理由なっていると考えられます。

職場での孤独
職場での孤独でストレスを味わった社会人たちの体験談まとめ

  「なんで私だけこんな目に合わなきゃいけないの?」   職場で孤立してると、「こんなにストレスを感じながら働いているのは自分だけなんじゃないか?」と感じてしまいますよね。 しかし ...

【第3位】身近な人から「最近表情暗いよ」と言われた

プライベートでうまく笑えなくなったら危険サインです。常に頭の中で職場での不安がつきまとっているからです。

仕事はツラくても、オンオフ切り替えが上手な人や、プライベートが充実している人はココロのバランスをとることが出来ます。

しかし、気付くと職場の嫌なことを考えてしまっている人は注意が必要です。

ネガティブな考えはさらにネガティブな考えをよび、

  • 「他人の会話は全部わたしの悪口だ」
  • 「周りの視線が冷たい」
  • 「全員に嫌われている」

と現状より悪く考えてしまい、どんどん自分を追い詰めてしまいます。

さらに悪化して、身近な人に八つ当たりしてしまい、後悔している人がたくさんいます。

身近な人から「最近表情暗いよ」と言われたら、現状を変えるタイミングが近づいているのは間違いありません。

【仕事で同期に劣等感】人と比べられて辛い思いをした3人の体験談

「あの人みたいに上手くできない・・・」 会社の同期は、自分にとっても周りにとっても比較対象になりやすい存在ですよね。そんな同期が優秀だった場合、どうしても劣等感を感じてしまうものです。 同期がいい人だ ...

転職してよかったと感じた成功ポイント

nastya_gepp / Pixabay

孤独を感じて転職した人が、転職してよかったと思う一番のポイントは『新しい職場に馴染めた』ことにあります。当たり前ですよね。

ただ、転職に成功している人には共通点があって、孤独を感じていた職場で努力してやりきったことです。

ここでいう『努力』についてはコチラの「職場に馴染めない時に効果的な4つの解消法」で詳しく説明してますので参考にしてください。

新しい職場に馴染むことが出来て仕事が苦痛じゃなくなった

新しい職場に馴染めた人がよく口にされるのが、

「嫌な環境にいたときは定時で退社してもツラかった。でも、信頼できる人達となら毎日残業でも苦痛じゃない。」

ということです。

孤独を感じて辞めたいと感じている人に一番大事なのは、『何をするかより誰とするか』ということがわかります。

思いやりをもって仕事をすることで、相手も思いやりを返してくれることから、仕事が忙しくても居心地がいい職場になっているんですね。

転職に成功した人は、「職場でギスギスした人間関係がないことで、プライベートでも人に優しくできるようになった」と回答している人が多かったです。

すこし大げさかもしれませんが、職場の人間関係はあなたの人生全体に影響を与えていると言えるかもしれません。

孤独感から退職し転職先でも辛かったことベスト3

Pexels / Pixabay

新しい職場でも馴染めない

孤立した職場から退職し転職先でも辛かったことのぶっちぎりナンバーワンは『新しい職場でも馴染めない』ことです。

ただ、半数以上の方は、まだ入社して3か月以内に馴染めないと感じているので、焦っている可能性が高いです。

職場に馴染むための有効手段のひとつに「業務の問題を共有する」ことが挙げられますが、3か月では仕事を覚えてる途中であることがほとんどです。

転職先でも辛かったことのナンバー1が「新しい職場で馴染めない」になっていることから

最初は人間関係を意識するより、『余計なことを考えずに仕事を覚えることに集中する

ことが大事ということがわかります。

ブラック企業に転職してしまった

ブラック企業に転職してしまった人の共通点は、『転職先を決める』ことだけが目的になってしまったことです。

孤立した職場が辛い

周りと打ち解けた職場に転職したい

給料や休みなどの条件から転職先を探す

転職先を決める

上記のような流れで転職活動をはじめたはずですが、何社か応募して転職先が決まらないと、焦って

孤立した職場が辛い

転職先を決める

になってしまい、面接の時に聞いていた内容と違うような、マズい転職先をつかんでしまいます。

冷静であれば、「いつも社員を募集している」「面接の時に見た社内の雰囲気が悪い」「面接ですぐに採用が決まった」などのブラック企業の要素に気づけます。

ただ、焦って転職活動をしてしまった方は『転職先を決める』ことだけが目的になってしまっているため、ブラック企業のポイントが目に入らなくなってしまいます。

転職活動は焦っても良いことはない』と覚えておきましょう。

社風が合わない

  • 飲み会が多い
  • 仕事の裁量がせまい
  • 毎朝マラソンなど独特の風習がある

など、会社によっての社風で、転職してツライと感じている人がいます。

ただ、ツライと感じていても、『前の孤独な職場よりマシ』『この社風を退職理由として転職活動はできない』という理由で続けている方が多いです。

また、社風を受け入れられなくて新しい職場でも孤独を感じている人がいることから、『社風を受け入れる』ことは大事なポイントになります。

飲み会に行くのが好きではない人も、はじめは誘われたら参加し、人間関係が出来てから徐々に回数を減らすなど、最初は社風を受け入れて『孤独な職場』にならない努力しましょう。

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

転職で失敗しないために注意したい2つのポイント

TeroVesalainen / Pixabay

逃げ出したい気持ちから焦って転職先を決めない

「こんな孤独な職場早く逃げ出したい!」という気持ちはすごくわかります。

ただ、逃げ出したい気持ちが強すぎて、『転職すること』だけが目的になっていないか考える必要があります。

転職することだけが目的になっていると、ブラック企業やあなたのスキルをまったく生かせない会社を選んでしまうかもしれません。

よっぽど能力がないかぎり、転職を繰り返すことで再就職が難しくなるということを忘れてはいけません。

条件のいい会社は応募者数が多く、その中から『一緒に仕事を長く頑張ってくれる人』を採用しますよね。

転職を繰り返さないためにも、焦ってしまいがちな転職活動こそ冷静な気持ちが必要になってきます。

譲れないポイントを決めておく

転職に成功している方は、譲れないポイントを最後まで崩さないことで、満足できる新しい職場を手にいれてます。

譲れないポイントを決める理由は、焦って長く続けられない会社に就職しないためです。

  • 給料
  • 休日
  • 残業の有無
  • 社会保障
  • 職種
  • スキルアップできるか

以上のような条件をはじめに決めておいて、たとえ時間がかかったとしても、条件から外れる求人募集には応募しません。

ここで決める条件は、あなたの能力に見合ったものにする必要があります。もし能力とかけ離れた高い条件を決めてしまうと、書類選考で落とされ続けることになったらツライですから。

孤立した職場から早く逃げ出したい気持ちを抑えて、長く働ける職場を探すことを第一目標にして、あなたも転職を成功させましょう。

無理して頑張っていると一生後悔することになる

職場で孤立している人が一番気をつけないといけないことは、ココロを病んでしまうことです。

ココロを病んでしまったことで長い時間苦しむこともあります。仕事ができなくなってしまったり、プライベートでも人づきあいができなくなるなど、マイナスなことが多く後悔している人がほとんどです。

これは責任の重い正社員に限った事ではありません。派遣社員やアルバイトであろうと、ツラい気持ちは一緒です。

馴染むための努力は必要ですが、ココロが壊れてしまったら生きるのがツラく感じてしまいますから。

どうしてもツラい場合はコチラの記事で「【孤立職場からの転職方法】理想の転職に必要な今すぐやる3つのこと」を紹介してますので参考にしてください。

まとめ

孤独感から退職した方の成功の秘訣は、しっかり準備して転職活動に臨んだということが体験談から分かります。

逆に失敗した方は、焦って転職活動をしてツライ思いをされています。

何も準備しないで退職することで、現状より良くなる可能性が低いことは分かると思います。

あなたには転職活動で成功してほしいですし、ココロを病んでもらいたくありません。

「いまがツラいんだよ!」と思っていても、いちど冷静にあなたの未来を想像してみてください。

満足できる職場を見つけるためにできることがあるはずです。

-孤独感を感じて辞めた体験談

Copyright© 仕事の孤独感解消サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.