職場で孤立する原因

【職場で嫌われる新人あるある】タイプ別こんなことするから嫌われる

更新日:

「職場で嫌われてるかもしれない」

そのように感じたことありませんか?最初はうまくいっていたのに、最近周りが冷たく感じる。そのままでは職場で「孤立」するかもしれません

ただ、嫌われるのは必ず原因があります。無意識にやっていた行動を改めていけば職場に馴染めるでしょう。

新しい職場では「覚えること」がたくさんで大変です。

覚えることに一生懸命すぎて、社会人として当たり前のことが疎かになっていませんか?

ほかにも、ミスへの恐怖心や緊張が悪循環となって、本来の実力が発揮できていないことも考えられます。

タイプ別に「新人が嫌われる行動」をまとめてますので、自分にあてはまる行動があったら「意識して改善」することが必要です。

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

コミュニケーション力が低いタイプは嫌われやすい!気をつけたい4つの行動

Mirzet / Pixabay

「コミュニケーション能力が低いと感じている人」は、職場で馴染むために必要なことを勘違いしていることが多いです。雑談力のような『自分から話しかけて盛り上がる能力』がないと職場に馴染めないと思っていませんか?

それは間違いです。

実際は『仕事力と最低限のコミュニケーション能力』さえあれば職場で嫌われることはありません。むしろ無駄話をしない分、あなたに対して「居心地よく感じる」同僚もいるでしょう。

ただ、最低限のコミュニケーションは必要です。次の4つのポイントをチェックし、該当していると感じれば、少し気をつけるだけでOKです。

笑顔がない

笑顔がない方は周りに「人を寄せ付けないオーラ」を感じさせてしまいます。本当は話しかけたい人も遠慮してるかもしれません。

また、「いつも調子悪そう」と周りに思われるのも、笑顔がない方の特徴です。「大丈夫?」と声をかけられても、「はい」の一言で会話が終わるので、それから声をかけられなくなってしまうことでしょう。

ほかにも「いつも調子悪そう」と思われることで、「自己管理ができない人」の烙印を押されることもあります。

いつも笑顔でいることは難しいと思います。それなら、人と話すときだけは「笑顔」を意識してみましょう

最初は恥ずかしいと感じるかもしれません。ただ、「笑顔」で受け答えすることは「社会人としてのマナー」だと理解しましょう。

笑顔なしで嫌われないためには、仕事で圧倒的な実績をつくるなどしないと難しいです。それが無理なら、『意識的に』笑顔をつくる必要があります。

声が小さい

声が小さいことは、人間関係を作っていくうえで不利になることがとても多いです。

  • 何を言っているのかわからない
  • 聞き返さないといけない
  • 返事が小さく、反応がわからない

上記のようなことは、『話しかけた人がかなりストレスを感じる』ことになります。仕事をすること自体が多くの人にとってストレスなのに、余計にストレスを感じる人に話しかけたくないのは当然ですよね。

自信がなくて声が小さくなっている方は、「最初はミスしてもしかたない」と思いましょう。同じミスを繰り返さなければ、ミス1つで嫌われることはありません。

声が小さいほうが「1回のミスよりよっぽど嫌われる」原因になります。話している相手に「度々聞き返される」ようなら、普段の2倍大きな声で話すことを心がけましょう。

人の目を見て話さない

目を見て話してくれない人とは「どう接していいか分からない」と感じる人が多数です。「人と接するのが嫌いなのかな?」と感じたら、周りの人はあなたに無理に声をかけなくなってしまいます

相手は言葉のみからあなたの反応を確かめているわけじゃありません。表情からも「理解したのか」や「まだ自信なさそうだな」と読み取って、その後の行動を決めています。

目を合わせず、表情も良くわからなければ、相手は次の行動をとれなくなってしまいます。それがいずれ「放置」につながることもあります。

人と目を合わせられないだけなのに、「コミュ障だから」と諦めてしまうのはもったいないです。

どうしても目を合わせるのが怖かったら、「相手の眉間」を見て話すようにしてください。表情さえ分かれば、相手も次の行動がとりやすいですから。

勝手に仕事を進める

「報告」「連絡」「相談」がなく、何をやっているか分からない新人に対して、周りは『怖い』と感じることがほとんどです。

話しかけるのが苦手だからと、自分の頭の中だけで考えて仕事を進めるのは危険です。たとえその仕事が正しかったとしても、周りからの評価が上がることはありません。

「結果正しかったからいいでしょ」と思うかもしれませんが、『仕事はチームワーク』という考えが抜けています。あなたがミスをしたら周りに迷惑がかかってしまいます。

なので、あなたが状況を報告もせずモクモクと仕事をしてると「大丈夫か?」と気になってしまいます。それは、周りの人たちの「集中力を奪って」「ストレスを感じさせている」ことを忘れてはいけません。

新人でまだ業務に慣れてないうちは、途中経過を報告して「正しく進んでいるか」を確認することが周りの安心にもつながります。

自己主張しすぎると嫌われる?次の4つの性格に注意

Engin_Akyurt / Pixabay

仕事ができないうちから自己主張してしまうタイプには、周りの評価が厳しくなることがほとんどです。よっぽど能力が高い方でないと、嫌われてしまうでしょう。

また、自己主張するタイプの特徴として、「仕事をなめてかかって大きなミス」をすることが挙げられます。

謙虚な人の失敗なら許されることも、自己主張が強いタイプが大きなミスをすると「周りから相手にしてもらえなくなる」危険性が高いです。

新人のうちは、あなたの経験や考えを口に出さないのが大人の対応です自己主張が許されるのは、仕事の能力が一歩抜き出てると『周り』に評価されてからです。

まずは、職場に合わせて仕事をしっかりやることです。

人の話を聞かない

自己主張するタイプは、自分に自信があることから「人の話をしっかり聞かない」傾向にあります。そして、いざ実践となると聞いてくることがあります。

業務を教えてくれる先輩は、あなたに教えることだけが仕事ではありません。先輩は自分の仕事の時間を削っていることを知りましょう。

同じことを聞き返さないために『メモ』は必須です。メモを取らない、またはメモを見返さないで、同じことを聞いてくる新人は「人の話を聞かない」と評価されてしまいます。

一度ダメな評価をされてしまうと、挽回するのは通常の倍くらいの努力が必要になってきます。能力が一歩抜き出ていると周りに評価されたければ、評価を下げる行動は控えましょう。

言い訳をする

ミスを指摘されると、すぐ反論してくる新人は『難しい人間だ』と評価されがちです。

教えてくれた先輩が矛盾していることもあるでしょう。しかし、一度受け入れる度量が必要です。

ダメな例

先輩「Aの方法でやってください。」

あなた「でも、さっき○○さんにBの方法でと指示がありました。」

 

良い例

先輩「Aの方法でやってください。」

あなた「分かりました。ありがとうございます。ただ、先ほど○○さんからBの方法でと指示がありましたが、Aの方法で進めてもよろしいでしょうか?」

上記のダメな例のように最初から否定されると、たとえ先輩が間違えていたとしても気分を害してしまいます。一度受け入れてから確認する癖をつけましょう。これは、プライベートの人間関係でも大事なことですよ。

また、注意されると「失敗した言い訳」を一生懸命するのも良くありません。注意した方が知りたいのは、「同じ失敗をしないための改善策」です。

注意されたら、聞かれる前に「改善策」を伝えて実行すれば、評価を下げることになりません。

他人のネガティブな話をする

人の陰口は、タイミングが合えばとても盛り上がるものです。しかし、「盛り上がる」=「好かれる」ではありません。このことを勘違いしてると、どんどん周りが離れていきます。

「誰かの悪口を言っている」=「私の悪口も言っている」と感じるのが普通だからです。

ただ、言っている本人は「悪口」と思っていないのが特徴です。

  • 「Aさんがミスをしていた。」

これは「事実」であって「悪口」じゃない。そのように思っているのです。しかし、聞いている人が「悪口」と感じたら「悪口」を言っているのと一緒です。また、「あなたが言うことじゃない」と思われることも。

人のネガティブなことを話すのは、「相手がどう捉えるか分からない」難しい話題なので避けるようにしましょう。

ミスを隠す

プライドの高さからミスを「隠す」「ごまかす」そんな言動をしていませんか?こんなことして印象が良くなるわけありません。

ミスを隠すということは『ウソ』をついているということです。これは社会人というより、人としてやってはいけないことです。

一度『ウソ』をついた人はまた同じことを繰り返す。そのことを周りの人たちは、経験から知っています。だから、信用されなくなるのです。

信用されないと、責任の重い仕事は任せてもらえなくなります。「自分の能力に見合った仕事じゃない」「周りの見る目がない」と言っている人は、だいたい『ウソ』がばれたことで単純作業がメインになっています。

『ミスを隠す』と信頼を取り戻すのが難しい。プライドを守ろうとして「自分の責任を偽る」なんて本末転倒ですよね。

【距離を置かれる】何事も受身な3つのタイプ

xusenru / Pixabay

何事も受身タイプの方は、入社当初はうまくいく方が多いのが特徴です。

周りの先輩も、最初だから緊張しているのだろうと大目に見てくれるからです。しかし、いつまでも経っても変わらなければ、『自分から行動できない人』という印象を持たれてしまいます。

仕事はチームワークが大事なので、一人でも率先して動かない人がいると上手く回りません。全員が忙しい職場では特に、新人でも自分でできることは自ら動いてほしいと求められます。

「自信がない」「勇気がない」こんな思いから、受け身になっているかもしれません。しかし、いつまでも快く助けてくれる職場はほとんどありません。

「自信を持つ」「ミスしても繰り返さない」ということを意識して、自分から行動しないと嫌われてしまいますよ。

自分から挨拶できない

何事も受身タイプの方は、先輩を見かけてすぐに挨拶できない傾向にあります。「こっちに気づいてから」「もう少し近づいてから」など理由をつけて自分から挨拶できません。

しかし、自分から挨拶しないで好感度が良くなりませんよね。見かけたときや、目が合ったときは「おはようございます。」「お疲れ様です。」と自分から声をかけるこで、自主性を少し感じてもらうことが出来ます

挨拶は基本。基本ができない人は他の事でも評価をあげることは難しいと覚えておきましょう。

「一度無視されたトラウマ」で自分から挨拶できなくなった方もいるかもしれません。それでも自分から挨拶することを止めてはいけません。

あなたが挨拶をし続ければ 周りから見たら無視してるほうが悪者になりますから。

仕事に対するやる気が見られない

「仕事に対するやる気が見られない」とは、あなたにやる気があるかないかは関係ありません。周りから見て、やる気があるように見えるかということです。

たとえば、わからないとすぐ頼ってくる新人です。はじめのうちは先輩も対応しますが、毎回だと「自主性がない」と感じるでしょう。終わるまで「1時間以上かかる業務」であれば途中で確認が必要ですが、「10分以内で終わる業務」の場合はまずやってみることが大切です。

短い時間でリカバリーできる仕事をミスして嫌われることは少ないです。「同じミスを繰り返さない」という条件付きですが。

また、雑用を率先して出来ない新人も「やる気」がないと思われます。頼まれてからやるのでは遅いです。業務に少し慣れてきたら周りを見渡してください。あなたにも出来ることを先輩がやっていませんか?

シュレッダーのゴミの梱包や、会議前に会議室の空調を調節するなど、新人でも出来ることはたくさんあります。まず自分から率先して「やります」と言ってみましょう。

自ら動くというのは勇気がいることですが、周りはあなたに「やる気」「思いやり」を感じてくれることでしょう

すぐ落ち込む

仕事でミスしたら落ち込みますよね?それは新人だけではなく先輩も一緒です。

ただ、落ち込んでいることを表に出すと「扱いにくい人だ」と評価されます。たとえば、注意されて

  • 表情が不満そうに見える
  • 動きが鈍くなる
  • トイレにこもる
  • 泣く

このようなことをして、周りが優しくしてくれるのは学生まで。社会人になると避けられるだけです。繰り返していると、あなたがミスしても先輩は「注意せずに自分で訂正する」ことを選ぶかもしれません。

また、先輩はミスをしたのが憎くて注意している訳ではありません。新人の時の「覚えることがたくさんで辛かった」「仕事を覚えたら楽になった」という経験があるからです。

先輩は、「早くあなたにもツラい状況から抜け出してほしい」という思いから注意してることを覚えておきましょう。ミスを指摘するのは勇気がいることなんですよ。

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

新人が職場で嫌われないためにやるべきこと

klimkin / Pixabay

新人のうちは「覚えること」が容赦なくドンドン増えていきます。落ち着いてやればできることも、テンパって失敗することもあるでしょう。

そこで大事なのが「ミスから学ぶ」という意識です。「なんで」ミスをして、「どうすれば」ミスを繰り返さないかを徹底して考えていきましょう。

「仕事ができない」のは職場で嫌われる大きな要因です。

友人関係は「話してて楽しい」「趣味が合う」という理由だけでも続けていくことが出来ます。ただ、職場の人間関係はそういきません。一言でいうと『相手にどれだけストレスを感じさせないか』が大事になってきます。

コチラの「【新しい職場にすぐ馴染める】誰でも簡単に実践できる3つのポイント」では、職場の方にストレスを与えないで、すぐ馴染める実践テクニックを紹介してますので参考にしてください。

あなたに非がないなら職場を変えるのもアリ

新人のうちはどの職場でも目立ちます。若いと言うだけで注目されます。

しかし、この注目は時として新人を苦しめるケースも多々あります。それは、職場における新人いじめ・新人いじりです。

「態度が気にくわない」や「学生感覚が抜けていない」と言う表向きの指摘はあるものの、本当の理由は「仕事ができる新人が気にくわない」だけのケースがほとんどです。

そんな時に取るべき行動は、「職場を変える」が正解です。

「就職してすぐに退職すると、転職にフリ」と考えている方も多いようですが、実はその逆です。

新卒入社後にすぐに転職するものを、第2新卒といいます。

実は、この第2新卒は、非常に有利に転職できるケースが多いのです。

その理由は、優秀な人材が豊富であると大手企業も理解しているからです。職場に合わなかっただけで、能力が高い人が多いという認識があるからです。

もし、あなたが、今の職場にストレスを感じているなら、この先20年・30年と働き続けることはできません。

それよりも、あなたの力を求めている会社に早く行き、素晴らしい同僚たちと切磋琢磨して、ストレスない環境で仕事に打ち込む方が何倍も有意義なのは説明するまでもないでしょう。

第2新卒で転職するなら、転職エージェントサービスの「リクルートエージェント」を活用すれば、転職サポートのプロがあなたの属性にマッチした転職先をすぐさま見つけてきてくれます。

無料で利用できますし、話を聞くだけでもOK。

都会に住んでいても、田舎に住んでいてもどこでも利用可能です。

今すぐ行動を起こせば、1ヶ月後の今頃は、もしかすると素敵な同僚たちに囲まれて、楽しいオフィスライフを送っている可能性が高いですよ。

私が実際に使っていた転職エージェント

転職を成功させるなら、転職情報誌やハローワークを活用するのも1つの方法ですが、やはり一番は「転職エージェント」をフル活用するのが間違いない方法です。

そこで、ここからはとりあえず私が実際に使っていた転職エージェントや実績からオススメできる転職エージェントを厳選して紹介しておくので、今の会社を辞めたい!転職したい!という方は参考にしてください。

なお、転職エージェントは「どれか1つを登録すればOK」ではありません。

より理想的な会社に転職したければ、最低でも2社以上は登録することをオススメします。

その理由は、転職エージェントごとに、非公開求人が異なるため、提案された案件の中から最適な1社を選ぶことができるからです。

正直なところ、会員登録は少し面倒ですが、PCで登録すれば3分以内で登録できますし、その手間を惜しんでしまうと、あなたの理想の職場を逃してしまう可能性もあるので、めんどくさがらずに絶対に複数社に登録しましょう。

メリットは間違いありません。ブラック企業から抜けるチャンスですよ。

では、オススメの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

必ず登録しておきたい転職エージェントは、業界最大手のリクルートエージェントです。上のバナーの通り非公開求人が圧倒的に多く、転職成功実績がダントツのNo. 1です。

大企業から中小企業まで、ほとんどの企業が、リクルートエージェントに求人案件の相談を持ってきており、転職業界で不動の人気です。

転職成功率が高いのは、単に非公開求人が多いだけではありません。実際に、相談者のお世話をするエージェントさんのスキルが高く、とにかく対応が迅速なため、転職機会を損失するリスクが皆無です。

経験値が高いエージェントさんが多いので、「転職相談」だけでも目から鱗の求人裏事情が聴けますよ。

リクルートエージェントの無料支援サービスを見る

また、同じリクルートの転職サービスである「リクナビネクスト」を活用すると、現時点の求人情報をチェックすることができます。

リクナビネクストは、求人情報を出している企業の給料相場や福利厚生・仕事内容など、スマホで簡単にチェックできます。

つまり、スキマ時間の情報収集に使えるサービスです。

「転職サイトで情報収集しながら、転職エージェントで転職相談!」

これが私の転職成功の秘訣でした。

リクナビネクスト公式サイト

マイナビエージェント

マイナビジョブ20's

もし、この記事をご覧の方が、25歳以下なら第二新卒専門の転職エージェントである「マイナビジョブ20's」に登録しましょう。

このエージェントは、利用者を20代(第二新卒)に絞り込んでいるため、とにかく20代の方へのサービスが手厚過ぎます。

非公開求人が多いのはもちろんのこと、転職を考える20代が気になる「転職先の会社風土」や「キャリアアップの可能性」「面接対策」や「エントリーシートの書き方」など、幅広くアドバイスしてくれます。

20代とは言うものの、基本的には25歳前後が理想ですので、年齢が合致するなら、ぜひ登録しましょう。

>>マイナビジョブ20'sの無料転職相談を利用する

もし、年齢が30歳以上なら、年齢制限がない「マイナビエージェント」を利用しましょう。業界第2位です。

#NAME?

ワークポート

ワークポートテック

SEやプログラマーなどIT業界に勤めている方が転職を希望するなら、IT業界の転職に特化したワークポートがイチオシです。

転職が多いIT系ならではの転職事情に詳しく、相談者のニーズに寄り添った転職サポートが受けられます。

結局、IT業界は企業風土で決まります。

ブラック企業もあれば、働きやすい職場も多々存在します。

外からの人間は分からなくても、企業とのパイプがあるエージェントなら、その企業風土を理解しており、それが「ブラック企業に勤めないためのアドバイス」に繋がります。

デメリットは、東京と大阪、福岡のみのサポートであることです。IT系にはかなりオススメなので首都圏や関西圏にお勤めの方は、ぜひ登録しましょう。

なお、その他の地域にお住まいで、どうしても利用したい方は電話面談でサポートしてくれるので、電話でもよければ登録しましょう。

>>ワークポートの無料支援サービスを見る

 

まとめ

職場で嫌われないために注意することはたくさんあります。すべてを完ぺきに出来ている人は少ないでしょう。

しかし、新人で仕事を覚えてない間は特に『嫌われる言動』をしないよう意識することが必要です。一度嫌われてしまうと、ずっと職場に馴染めず、あなたのココロが折れてしまうかもしれません。

ただ、今回紹介した『嫌われる行動』に気をつければ大丈夫です。今まで「無意識でやっていた」「気づいてない」こともあるかもしれないので、自分の行動を振り返ってみてくださいね。

「新人時代の給料は我慢に対する報酬」という言葉もありますので、苦手なことでも努力して挑戦してみましょう。

-職場で孤立する原因

Copyright© 仕事の孤独感解消サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.