職場で孤立する原因

職場で孤立している7つの原因とすぐに抜けだす対処法

更新日:

職場に馴染めなくて「どうして孤立してるかまったく分からない」。

そんなあなたは「わたしは必要とされていない。」「ここに居場所はない。」とココロが折れそうになっていませんか?

まだあきらめるのは早いです。

実は職場で孤立してしまう人には共通の特徴があります。

これから紹介する職場の人があたなを避けたくなる7つの特徴に、一つでも当てはまれば『ぼっちな自分』から抜け出せるチャンスがあります。

「職場に馴染めない…」と悩んでいるあなたは、知らず知らずのうちに職場の人たちにストレスを与える言動をしている可能性大。

今までの自分を意識して変えていくだけで、「行きたくなかった職場」が「理想の職場」に変わることも夢ではありません。

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

なぜか職場で孤立してしまう人の7つの特徴

実は、学校生活やアルバイトではすぐに人と打ち解けられたのに、働き始めて初めて『ぼっち感』をあじわっている人もたくさんいます。

理由は、会社での生活が「期限のない共同作業」という一面を持っていることを理解していないからです。

ほとんどの人は仕事をすること自体に少なからずストレスを感じています。しかもそれがずっと続くと知っているからこそ、必要以上のストレスから避ける行動をするのは当然のことですよね。

関わると嫌な気分になる人と積極的にコミュニケーションをとろうと思わないのは、あなたも一緒ではありませんか?

誰もストレスを感じたくないからこそ、周りに嫌な思いをさせない言動が大事になってきます。

自分の事だけをやっていればよかった学生生活と違い、会社では『あなた一人ですべてを完結させる仕事』はほとんどないはずです。

誰かと関わらないといけないなら、良好な関係でいたいですよね。

会社というコミュニティの中で人間関係をガラッと変えたいなら、これから紹介する孤立する人の7つの特徴は要チェックです。

無意識に嫌われる態度をとっている

あなたにとっては当たり前の行動だけど、周りの人には迷惑だったり、不愉快に感じているかもって考えたことありますか?

例えば、キーボードのEnterキーを押すときに「タンッ!」と強くに叩く人がいます。やっている人は一段落のつもりでやっているかもしれませんが、周りからすれば迷惑でしかありません。

ほかにも、ドアの開け閉めの音や机に物を置くときの音も注意が必要です。周りの人の集中力を奪ってしまいストレスを感じさせてしまう原因になってしまいます。

大きな音を出すだけで横柄な態度と思われてもおかしくありません。

それ以外では、スマホをさわるのも気を付けたほうがいいです。

あなたがバリバリ仕事ができて、周りに全く迷惑かけていないならいいですが、もしたまにミスをしてしまうならスマホの存在を忘れてください。

少しでも悪い印象があると、『スマホをいじっている』という小さなことにもイライラする人がいると覚えておきましょう。

仕事は共同作業という意識を持っていない

みんなで頑張っているという感覚を持って仕事をしていないと孤立の原因になってしまいます。

なんといってもマイペースに仕事をしている人は気配りができない傾向にあります。

自分の仕事の事だけを考えているため、周りの人が仕事におわれているときにのんびり休憩をしていたり、優先順位の低い仕事を必死にやっていたりと、周りから白い目で見られるようなことを平気でやっています。

また、ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)をしない人も共同作業という意識が低いといえるでしょう。

自分の判断で仕事を進めてしまって、1日かかって作成した資料がやり直しになったら、その増えた業務は周りの人の負担になってしまいます。

自分が業務で関わっている人が、スムーズに仕事を進めるためにはどう動けばいいかを意識することが大事です。

ネガティブな発言ばかりしている

ネガティブな言葉には人のモチベーションを奪う力があります。

話しかけるといつも上司や同僚の悪口ばかりだと、大抵の人はあなたから離れていってしまいます。

たまにだったら『共通の敵』を作って盛り上がったりすることもありますが、それも毎日になるとうんざりしてくるものです。

また、体の不調ばかり訴えるのもよくありません。

頭が痛いや腰が痛いと毎日聞かされていると、聞いてるほうのココロが病んでしまいそうになります。

誰だって心も体も万全な人なんていません。それでも口に出さないのは、他の人のためにならないと分かっているからです。

ネガティブな発言は、場の空気を悪くして相手にストレスを与えている、ということを理解して気をつければ、みんなの輪の中に入ることが出来るかもしれません。

「ありがとう」が言えない

「ありがとうございます」という言葉には、相手をほんの少し気持ち良くさせる効果があります。

あなたの仕事を手伝ってもらったときだけが「ありがとう」チャンスではありません。

誰がやると決まっていない雑用をやってくれている人がいたら、「ありがとうございます。今度は私がやりますね。」と声をかけるだけで相手もあなたもいい気分になりますよね。

ほかにも、注意された時やアドバイスをもらったときも、「すみませんでした。」や「わかりました。」でおわらせるのはもったいないです。

「ありがとうございます。これから気をつけます。」や「ありがとうございます。勉強になります。」と「ありがとうございます。」を最初につけるだけで、やる気を感じてくれたり、また話しかけようと思ってくれるものです。

「すみません。」と言わないといけない場面でも、「ご指摘いただきありがとうございます。ご迷惑おかけしてすみませんでした。」のように、ありがとうファーストで話すことを意識したら周りの評価も変わってきますよ。

社会人として自覚のある言動ができない

社会人だったら当たり前にできていることをやっていないと、協調性がないと思われても仕方ありません。

身だしなみで相手に不快感を与えないのは当然ですが、服装やバッグなどで個性を出すのも注意が必要です。

周りの人から浮いてしまう見た目では、自分とは違う人種だからと避けられる可能性があります。

言葉遣いも「マジっすか。」のような若者言葉を使っていると、常識がない人という評価をされてしまいます。

期限を守れない人も社会人としての自覚が足りないといえるでしょう。

協調性があれば、期限に遅れそうでも周りに相談して被害を最小限にすることが出来ます。

まずは、会社で評判のいい人を1人決めて言動を真似してみるのが、周りに溶け込む早道です。

コミュニケーションがとれない

話しかけて無反応や「はい」や「いいえ」で返されてしまうと、話したくないのかなと思い、次は話しかけないでおこうとなってしまいます。

ほかに話しかけにくい人の特徴としては、笑顔がない・表情が暗い・目を合わせてくれないというものがあります。

話しかけずらいだけですめばいいですが、周りの人があなたに嫌われいると思ってしまったり、最悪の場合あなたからの敵意を感じるようになることもあります。

自分の話ばかりしてしまう人も、コミュニケーションがとれているとはいえません。

どんな話をしていても、隙あらば自分の話にしてしまう人です。

コミュニケーションの基本は相手の話を引き出すこと』と意識して、質問上手になることを目指しましょう。

誰にでもよい顔をしている

会社のなかの狭いコミュニティでは、八方美人は自分の首を絞めることになりかねないのでやめましょう。

話を合わせることは、自分で考えなくていいので楽です。しかし、誰にでも合わせて意見をコロコロ変えていると、必ずつじつまが合わなくなってしまう時がきます。

自分の意見がない人は誰からも信用されず、輪の中に入れてもらえなくなってしまうものです。

自分の考えと違う話をされたら、否定も肯定もせずに話を聞いてあげることが大切です。

自分の意見を持っているが、主張はしないという立場でバランスをとることで信頼を獲得しましょう。

孤立した状態から今すぐ抜け出す方法

孤立した状態から今すぐ抜け出したかったら、自分が変わるしかありません。

ブルゾンちえみさんのネタのように「待つの。」なんて言ってたら、ずっと『ぼっち』のままで孤立しているかもしれません。

いきなり全部変えようとしても、頭の中がパニックになってしまうと思います。

物事を習慣化する『インキュベートの法則』はご存知ですか?

やると決めたことを21日間連続でやると、人はそれが習慣になり無理なく行えるという法則です。

まずは一つでいいので意識することを決めて、手帳に【決めたことを意識して何回できたか】を毎日書き止めます。それを21日間続けたら、もう一つ新しいことを足していくだけです。

下記の記事で、孤立した状態から抜け出す4つの解消法を紹介してますので参考にしてください。

職場に馴染めない時に効果的な4つ解消法

職場に馴染めなくて、「家に帰ってからも職場のことでばかり考えてしまって毎日ツライ。」って思ってませんか? 1日8時間もいる職場で馴染めないのはきついですよね。 でも大丈夫です。 職場で馴染むためにする ...

孤立体験から立ち直った方の体験談

「私の職場は自分が変わってどうにかできるような問題じゃない。」って思っていませんか?

もしかしたらそうかもしれません。

ただ、世の中にはいろいろな理由で職場での孤独を感じていた人が、悩みを解消しています。

転勤や部署移動、仲の良かった同僚が続けて退職してしまったなんて理由から、平和だった職場が孤独な職場に変わってしまった人もいます。

もちろん入社してから何年も孤独を感じながら働いている人もたくさんいます。

解決方法も多種多様で、自分が変わったり、3年かかってやっと少し馴染めたかなと感じた人もいます。

30代 男性 孤立した職場から立ち直った体験談

私は転勤によって孤立を体験することになりました。

性格は明るいほうで、今まではすぐに同僚と打ち解けることが出来たので、「まさか自分が孤立することになるとは」と感じたのをよく覚えています。

転勤なので、業務自体は変わらず前営業所の経験を生かして進めていきました。

最初のうちは、業務の進め方でアドバイスされることもありました。ただ、前営業所の経験があったので自分が効率よく作業できることを優先してしまい、アドバイス通りにやらないことも。

少し経つと声をかけられなくなり孤立が始まりました。みんなで話しているところに顔を出すとしらけて解散してしまう。飲み会があっても誘ってもらえなえい。そんなことが多々ありました。

自分の何が悪いの分からなく、「この営業所はダメな奴ばかりだ。」としか考えられなくなり、いつも胃がキリキリ痛む状態です。

あるとき前の営業所の同僚で他の営業所に転勤になった同期と話す機会がありました。

その同期から「営業所ごとに仕事の流れが違うから、今までの流れを変えるのに苦労した。」という話を聞いてショックをうけました。

それから、今の職場の同僚に仕事の流れを再度確認して、その通りに進めるようになってから徐々に周りとの会話も増えて、今では飲み会にも誘われるようになっています。

振り返れば「そんな簡単なことになぜ気づかなかったんだ。」と思いますが、その時は『周りが悪い』という考えで頭がいっぱいで、冷静に自分の言動を見つめなおすことが出来ませんでした。

同僚の輪にはいれるようになるまで1年かかりましたが、自分の言動を振り返る習慣がついたので、無駄な時間だったとは思っていません。

【孤独感で退職した体験談】退職を決意した理由や成功体験、転職後の反省点とは?

転職しても「今よりツライ職場だったらどうしよう?」と思うのはみんな同じ。今より良い職場になるとは限らないので誰しもが転職に不安感じています。 ただ、勢いだけで転職しなければ大丈夫です。転職に失敗してい ...

▼▼仕事を続けながら転職するなら▼▼
無料】で転職エージェントに登録し
転職を有利に進めよう!


リクルートエージェント
※「とりあえず」という軽いノリで登録した方も
転職で年収アップしているケースがかなり多いようです。

まとめ

孤立していることを上司や同僚のせいにするのは簡単です。

しかし、それであなたの『職場で孤立している』現状が変わりますか?

もし孤立してしまう7つの特徴にひとつでも当てはまったなら、自分を変えて周りに馴染む努力をしてみるべきです。

変わるかどうかわからない人を待っているより、あなたが変わってみることのほうが何倍も職場に溶け込む近道になります。

起きている時間の半分を過ごす職場でツライ思いをしていたら、いつか心がポッキリ折れて取り返しがつかなくなるかもしれません。

きついことを言われた人はずっと覚えているけど、言った人はその言葉を吐き出した瞬間に忘れています。そんなのずるいじゃないですか。

一生後悔することになるよりも、いま一緒に頑張って理想の職場手に入れみませんか?

-職場で孤立する原因

Copyright© 仕事の孤独感解消サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.